契約農園産 ミャンマー ヤエラ村【100g】苦・酸・中間

契約農園産コーヒー
ミャンマー・ヤエラ村




【生産地】 ミヤンマー連邦共和国
    シャン州ユアンガンヤエラ村
【標高】  1400m〜1600m
【栽培特徴】無農薬・化学肥料不使用
【精選方法】ウオッシュド・嫌気性発酵
     (アナエロビックファーメンテーション)
      アフリカンべッドによる天日乾燥

ミャンマー東部に位置するユアンガン ヤエラ村。
ヤエラ村は50世帯ほどが暮らしている
小さな村ですがコーヒー栽培を精力的に行っている農家
『アウン・チャインさん』を中心とする3世帯の方々に向けて、
今回サッポロ珈琲館が出資してマイクロミル(精製所)を作り上げました。

精選方法は近年注目されている
アナエロビックファーメンテーション(嫌気性発酵)を当社が指定。
国内情勢が不安定の中、特別な思いで出荷が実現し、
入荷したものとなります。
香りが豊かでフルーティーさと甘さが特徴的な
バランスの良い味わいが感じられる素晴らしいカップに仕上がりました。
共同生産者として作り上げた新たな自社契約コーヒーを是非ご賞味ください。


〜嫌気性発酵〜
コーヒーの品質は収穫後の処理過程で向上します。
特に発酵の場面で発酵中の空気接触を
できるだけ避け嫌気性微生物のイースト・菌乳酸菌の
活動を活発にすることによってフレーバーが向上します。
ヤエラ村ではグレインプロと呼ばれる穀物用保存袋を使い
外気が中に入る事を防ぎ48時間かけてゆっくりと発酵を
行うことによってフルーティーさと芳醇な甘みを引き出すことができます。




ミャンマーの国内情勢が不安定な中、
SDGsの取り組みの一環として
共同生産者として出資させていただきました。
特別な思いで作り上げた
新たな自社契約コーヒーを
是非ご賞味ください!








サッポロ珈琲館の焙煎のこだわり「炭直火焙煎」

■炭はほかの燃料に比べ水分の含有量が少なく燃焼時に発生する水蒸気がほとんどありません。
 よって熱の伝わりが良いのです。
■炭燃焼時に発する遠赤外線効果によって 豆の芯部までむらなく均一に焼くことができます。
■灰のアルカリ効果 木炭の灰はアルカリ性です。これが焙煎中に珈琲豆に付着し珈琲の酸性を
 程よく中和しコーヒー豆は豊かな香りとコクを存分に引き出しております。



定価 870円(税込939円)
販売価格 870円(税込939円)
購入数

豆の挽き方


Calendar

2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2024年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
色のついている日は配送業務をがお休みです。
Top